育毛商品をチェックしてみました

最近、昔よりも髪の状態が寂しくなってきていることに気が付きました。
まだ禿げるまでは遠い状態だと信じてはいるのですが、薄いということに気が付いてからは鏡を見るたびに気になってしかたがありません。
それで、これまではあまり関心が無かった育毛関係の商品について少し調べてみました。
シャンプーにヘアトニック、刺激の強いものから無いもの、ビンやスプレーなど、色々種類が豊富で見ているだけでも面白く感じました。
ざっと口コミを読んでみたところでは、こういった商品はどれも何ヶ月も使用を続けないと効果がわからないようです。
合う合わないというのもあるし、「効果はわからないけれど頭皮の為に良いことをしているのが気休めになって良い」というような言葉もチラホラ。
もし購入するとしたら、自分に合って短期間でハッキリした効果が実感できる育毛剤が良いと考えていますがなんだか難しそうな感じです。
理想の育毛剤があったとしても、それに出会えるかどうかは運しだいという気もしました。
ただ、こまめに口コミをチェックしておくことは良いかもしれませんね。

頼りになるのは育毛剤だと思います

育毛のためには良い睡眠をとることが大切だと言われています。
調べてみたところ睡眠も真夜中の12時をはさんだ時間帯に寝ておくのが良いそうです。
午後10時から午前2時の時間帯に睡眠をとると成長ホルモンの分泌が活発になりそれが髪にも良い影響をもたらしてくれるからなのだそうです。

そのような話は
確か以前にも聞いたことがあったのできっと正しいのだろうと私も思っています。抜け毛で悩んでいる私も本当であればその時間帯にはちゃんと寝ていたほうが良いのでしょう。でもそれは私にはちょっと無理なような気がしています。私は典型的な夜型人間なのです。真夜中の12時を挟んだ時間帯と言えば私にとって頭がもっとも活発に動くときです。そんなときに寝てなどいられないというのが2正直なところです。かと言って抜け毛をこのまま放置すると近い将来は確実に薄毛、もしくはハゲになると思われます。私にはやはり睡眠よりも育毛剤を使い抜け毛予防に努めるのがいちばん良い方法なのだろうと思っています。

知人の育毛生活

主人の一つ上の先輩は、頭頂部がはげてしまい今育毛中です。
そもそも髪の毛が薄くなってしまったのは、駅員の仕事を長時間やっていたので、帽子で蒸れてしまったからのようです。知人は30代のまだ若い働き盛りですので、周囲の視線も含めてかなり気にしているようです。

そのんな彼は、主人から聞いた話によるとリアップのヘビーユーザーだそうです。リアップは値段が高いうえに使用頻度が高くてコストがかかるので、比較的割安で購入できるCOSTOCOで買っているそうです。

そんな風に、リアップなどを購入して毎日育毛している彼ですが、周囲から見て全く効果が見られません。
それどころか段々と頭頂部のはげが進行しているようにも見えてしまいます。リアップが効いていないのか、もしくは別の原因で発毛が妨げられているのでしょうか。

例えば、日々のストレスや生活習慣、食生活などが考えられると思います。
彼は、最近管理職になって仕事も前より忙しくなってきていることに加え、既婚男性なのに帰宅後に自分で料理をつくっているので体には相当負担がかかっていると思います。                                                                                                                                                                                                                                                                                                       
結論として、育毛は育毛剤だけに頼らず、生活習慣なども見直して総合的に取り組むべきだと感じました。

産後の育毛

あかちゃんを産んだ後にはごっそり髪の毛が抜けること、みなさんはご存じですか?
うわさでは聞いていたものの、実際お風呂にはいった後の排水溝を見てみると衝撃過ぎて言葉がでないほどでした。鏡を見てもおでこの生え際が何かどうも薄い気がして、見た目もとてもさみしい
。毎日の洗髪により、尋常でない量の髪の毛が失われて行き、このままどんどん薄くなる一方なのではないか?と不安に思うばかり。これはどうにかしないとと思い、対策に乗り出しました。でも、授乳中というのはかなり制限がかかるもので、薬が使えない。育毛といえば、育毛剤というイメージが何となく頭のなかにあったのですが、薬は乳児のために使えないそうです。
となれば、とネットで調べまくったところ、出てきたのが、ワカメなどの海藻類を食べること。そして頭皮を入念にマッサージすること。とにかくこれを気が向けば実践しまくりました。それから半年ほど経った今、とてもしっかりしたコシのある新しい髪が生えてきています。

ただの生え変わりなのかはわかりませんが、いろいろ施したおかげで今までよりも全体的により健康な髪の毛になった気がして、結果オーライなのかなと思っています。

ココナッツオイルで地肌ケア

“髪が細いし薄いしで悩んでいます。季節によっても状況は異なりますが、夏の終わりには抜け毛、乾燥の季節は地肌の乾燥、春が近づくと花粉のアレルギーの影響でやっぱり地肌が荒れてしまいます。年中なにかしらのトラブルを起こしています。

どうしたものかと考えたところ、地肌を丈夫に出来ないかと思いマッサージを始めました。始めの頃はマッサージだけでやっていたのですが、試しにココナッツオイルをつけてみると、肌に馴染んでなんとも気持ちが良かったのでそのスタイルで続けています。
実感するのは、抜け毛が減って髪にボリュームが出てきたことです。ツヤが出てきたのは単にオイルを使っているからかも知れませんが、綺麗に見えるのはうれしい事です。たまに調子に乗ってオイルをつけすぎると髪を乾かしてもベッタリした感じが残り、その時は1日残念な気持ちで過ごすのですが、そんな事もたまにあっても、そこそこの満足感で頭皮のケアができています。マッサージそのものも心地いいので、楽しみながら育毛を楽しんでいます。”

育毛の薬の開発はもっとできるはずなのに

育毛に悩む人がこれほど多いのに、どうして薬が開発できないのかな…といつも疑問に思っています。これだけたくさんの人たちが髪の悩みを抱えていてそれぞれに思い悩んでいるというのに、そのための薬がないのはちょっとおかしなことだと思うのです。

わたしが想像しているのは育毛のための薬は作ろうと思えば作れるということなんです。髪が生える薬はいつでも作れるし、作れるというよりも今現在もうあるのかもしれません。だけど世の中にその薬は出さないんです。出さないというよりも出せないんです。

これは私の想像上での話だから聞き流してほしいのですが、そういう薬が世の中に出てしまうと、多くの企業や育毛商品を取り扱っている場所や増毛育毛を生業としている場所がつぶれてしまうのです。商売が成り立たなくなります。

今の時代医学はこれだけ日進月歩で進んでいます。それなのに髪の毛のことになると命にかかわらないことだからか急に進みが遅くなるような気がするのです。なんとなくそんなことを一人考えています。